横浜市青葉区・田園都市線の霊園 「横浜あおば霊苑」 宗教自由・バリアフリー

横浜あおば霊苑|横浜市青葉区・田園都市線の霊園 「横浜あおば霊苑」 宗教自由・バリアフリー

menu
横浜あおば霊苑 > よくあるご質問

よくあるご質問

「永代使用料」とは何ですか?

お墓を建てる土地の使用権を得るための料金を指します。お墓を買うと言っても買うのは「使用権」であって「所有権」ではありません。
永代使用料を支払うと原則として代々に渡りその墓地を使用することができますが、第三者への売買や賃貸はできません。また、墓地以外の目的で使用することもできません。

年間管理料とは何の料金ですか?

施設の維持管理や事務費に使われる費用です。墓地内の通路や水道、管理事務所や休憩所などの共用部分の施設の維持管理に使われます。

ローンで支払いはできますか?

墓地や墓石の購入に当たってはローンもあります。また、墓石の購入にあたってクレジットカードの利用も可能です。霊苑スタッフまで、お気軽にお申し付けください。

遺骨がなくてもお墓は持てますか?(生前建墓)

横浜あおば霊苑では、遺骨がなくてもお墓を持つことができます。 生前にお墓を立てることは長寿を願う縁起が良いこととされています。ご家族とご相談をされて、その意思を反映させたお墓を作られる方が大変増えてきています。

仏教で行う開眼法要とは何ですか?

お墓は建てただけではただの石の塊にすぎません。開眼法要により仏の魂を迎え入れることによって、初めて礼拝の対象である石塔となります。
開眼法要は宗派や地域によって魂入れ・性根式・入仏式など呼称が変わります。
納骨法要と同時に行われることが多いのですが、寿陵(生前に建てるお墓)の場合はお墓が完成した時点で開眼法要を行うケースもあります。

「両家墓」について教えてください。

一つの墓所に両家の墓を建てる、あるいは一つの墓石に両家の家名を入れたお墓のことで、一人っ子同士の結婚の増加とともに、需要が高まりつつあります。横浜あおば霊苑の場合は宗教自由なので宗教の異なる両家でも使用可能です。墓石にも両家の家名を刻むことができます。

お墓を承継する際に税金はどうなりますか?

お墓は祭祀財産です。したがって、相続人全員で分配する相続財産とは異なり、祭祀を取り仕切る特定のひとりだけが受け継ぐことができます。そのためお墓は相続しても相続税がかかりません。

永代使用権は何親等まで承継できますか?

横浜あおば霊苑では、名義人から3親等まで承継できます。法律上「親族」。直系では曾孫まで、傍系では甥・姪までが承継できます。

お墓参りの決まりはありますか?

お墓参りには特別な作法はありません。
通常はまず墓石を掃除し、線香や花などを添えてからお墓の前で合掌します。故人の好きだったお酒やお菓子などを供えるのもかまいませんが、捧げたお供物は持ち帰り、皆さんでいただきましょう。そのままにしておくと腐ったりカラス・野良猫等に荒らされたりしてしまいます。
お参りの時期は自由ですが、春と秋の彼岸、祥月命日、お盆、お正月などが一般的です。
また、先祖を敬う気持ちを教えるためにも小さなお子様も一緒に連れて行くと良いでしょう。供養のあり方や、お墓参りの作法を親から子に受け継いでゆく良い機会になります。横浜あおば霊苑では墓参代行サービスがございます。管理事務所へお問い合わせください。

「改葬」とは何ですか?

埋葬されているご遺骨を今のお墓から別のお墓に移すことです。
下記のような悩みをお持ちの方にお勧めします。
・ 田舎が遠く、気軽にお参りに行けない。
・ お墓が不便な場所にあり身体の負担が大きい。
・ 先祖代々のお墓を近くで守る人がいない。
・ 子や子孫のためにもお墓を近くに持ちたい。

改葬には既存墓所のある市町村の役所への申請等、所定の手続きが必要になります。
詳しくは霊苑スタッフにご相談ください。

ペット墓はありますか?

横浜あおば霊苑では、霊園内に墓所をお持ちの方向けに専用のペット墓をご用意しています。詳しくは霊苑スタッフにお問い合わせください。

ページトップへ
©2018 横浜あおば霊苑